会員制度中止および今後の活動について

日本報道検証機構はこのたび運営体制の縮小等により、今月をもちまして会員制度を中止することとしました。申込受付を中止させていただき、会員の方からお申し出があれば返金させていただく所存です。報道品質セミナーの開催が滞るなど、会員皆様のご期待に十分応えることができず慙愧に堪えません。深くお詫び申し上げます。

会員皆様にもご連絡させていただきますが、問い合わせフォームからのお申し出も受け付けます。

日本報道検証機構が運営している誤報検証サイトGoHooは、世界各国にある115のファクトチェック団体が加盟しているDuke Reporters’ Labの日本で唯一のメンバーとして承認されております。私どもは引き続きGoHooを運営し、メディアのファクトチェックを主軸にして報道品質の向上を促す活動に取り組んでまいります。

当面は皆様からのご寄付や記事配信料等により運営していく予定であり、検証成果はGoHooとともにYahoo!ニュース個人「GoHoo ファクトチェック・レポート」にも配信します。活動体制の立て直し、拡充まで少し時間がかかることも予想されますが、ご理解いただければ幸いです。

また、私どもは現在、我が国におけるファクトチェックの量的・質的向上を図るため、関係者・諸団体と新たな枠組みの立ち上げについて協議を重ねております。正式に発表できる段階になりましたら、改めてご報告します。今後とも私どもの活動に変わらぬご注目とご協力を、よろしくお願い申し上げます。