週刊金曜日の謝罪について

『週刊金曜日』2017年2月17日号及び単行本『検証 産経新聞報道』の「盗用」問題をめぐり、12月27日、週刊金曜日北村肇社長(発行人)、小林和子編集長、執筆者の成澤宗男氏より直接謝罪がありました。ホームページにも新たなおわび記事が掲載されました。単行本はこれ以上増刷せず、今回の問題を踏まえた研修や検証記事を検討しているとのことです。

金曜日側が問題の本質と重大性を認識し、メディアとしてあるべき対応をとっていただいたと受け止めました。今回のことを通じ、「他社が独自にした取材内容を自分のものであるかのように装って書いてはならない」というジャーナリズム倫理が再確認されたことは、非常に意義があると考えております。北村社長の決断に敬意を表し、これをもって諒とします。

一般社団法人日本報道検証機構
代表理事 楊井 人文